独学ボイトレ

2018.06.23 Saturday 15:49
0

    またまた、どうも〜♪

    ヴォーカルのaiです。

    ライブ動画を観てくださった方には、私が声の高めなヴォーカルだということは伝わるかなぁと思います。

    次のライブ候補曲に男性ヴォーカルの曲がいくつか上がったのですが、低音域が出ないので困ったなと。

     

    「高音は練習次第で出るようになるけど、低音は生まれ持った声帯の長さによるから、限界がある」と昔聞いたことがあったので、諦めていたところがあったんですよね。

    でもふと思ったんです。

    現状で限界まで出せているとは限らないのでは?と。

     

    便利な世の中なので「女性 低音域 出すには」みたいな検索をしてみました。

    「声帯は寝起きが一番リラックスしていて、ギターでいう開放弦の状態。その状態で低音を出して慣らしていくと、日中でも低音域が広がる」といった解説を見つけました。

    早速実践してみています。

    寝起きはびっくりするくらいの低音が出るのですが、日中カラオケに行ってもまだほんの少し低音が出るようになったかな?程度です。

     

    ただ、おもしろい変化がありました。

    練習し始めた初日、腹筋がつるような痛みがあり。

    私は腹筋や横隔膜がマヒしていて、自分で力を入れることはできません。

    肺を動かす筋肉も万全ではないはずですが、ある程度の声量が出るのは周囲の筋肉がサポートしているのだと考えられます。

    低音域ボイトレをしてみて腹筋らへんが痛んだということは、今まで使えていなかった筋肉が使えているということ。

    意図的に力は入れられないので、どっかの筋肉に引っ張られて動いているのでしょう。

     

    とまぁ理屈は置いておいて、歌に使える筋肉が増えるのはプラスです!

    低音域じゃないところを歌っても筋肉がついてきちゃって痛いんですが(笑)

    そのうち体が慣れてくるでしょうし、使い分けもできるようになる・・・といいな(笑)

     

    肝心の低音域を広げるには地道に練習してくしかないでしょうね。

    成果が見えてこないとサボりたくなりますが、ここに書いたらサボれないですから(笑)

    頑張りまーす!!

    category:音楽うんちく | by:aicomments(2) | -

    スポンサーサイト

    2020.07.01 Wednesday 15:49
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -
      Comment
      初コメありがとうございます!
      自分の中では変化を感じますが、まだ人の耳にはわからないようなので、「進化」できるよう続けていきたいと思います!
      • ai
      • 2018/06/24 8:28 AM
      おーすげーなー❕ヴォーカリスト進化してるね。頑張れー
      • 休業中のベーシスト
      • 2018/06/24 6:31 AM








         

      バンドメンバー紹介
      カテゴリー
      新着コメント
      月別
      検索
      その他
      QRコード
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      PR